E-KID'S

適度な不安定環境を利用した
レッドコードトレーニング教室

こあとれとは?

レッドコードを使用して、ローカルスタビライザーと呼ばれる深層筋(コア)を鍛えるトレーニングを行う教室です。
深層筋は関節に最も近い筋肉で、正しい運動軸を保ち、骨格を安定させます。この筋肉が弱化し「飛ぶ・走る・投げる」といった能力の低下が著しい子供たちに対して、コアトレーニングを定期的に行うことで、改善及び機能向上を目指します。深層筋を鍛えることによって、怪我の予防や運動パフォーマンスの向上のほか、正しい姿勢を保ち骨格を安定させる効果もあります。

レッドコードってなに?

その名の通り、天井からつるされた赤い器具がレッドコードです。
レッドコードを用いることで深層筋を鍛えるのに適している「適度な不安定環境」をつくりだすことができます。これを利用して深層筋をトレーニングするのが「こあとれ」です。
日本での浸透度はまだまだですが、レッドコード発祥のノルウエーを中心としたヨーロッパ諸国では、広く知られています。「適度な不安定環境」を利用して、運動器系疾患や神経系疾患に対する治療・エクササイズなど医療目的での使用だけでなく、スポーツアスリートなどのファンクショナルトレーニングにも使用されています。

深層筋が弱いとどうなるの?

深層筋が弱化していると、カラダの軸や関節が不安定になり怪我の発生率を高めてしまいます。さらに深層筋はすべての運動機能の基礎であるため、深層筋が弱いと他の大きな筋肉を鍛えても、運動パフォーマンスの向上が望めません。運動パフォーマンスの低下は運動意欲の低下もまねき、連鎖的に運動不足につながっています。
また近年は姿勢が悪い学童も増えており、それによって内臓を圧迫し機能低下を起こすため、肥満やそれに伴う病気を併発しやすくなってしまいます。

レッスンについて

インストラクターと、レッドコードを使って深層筋を鍛えるトレーニングを行います。
詳細はお問い合わせください!

参加費用

500円 / 回